KUBOX

0120-441-144

KUBOXTのそこまでやる -KUBOXTでともに働く人へのメッセージ-

「そこまでやる」が、私たちKUBOXTのスピリッツです。「そこまでやる」を貫いてきたから、KUBOXTの今があり、発展が期待できる将来があると信じています。ちょっと長くなりますが、KUBOXTで働いてみたいと思ってくれたのなら、ぜひ、私からのメッセージを聞いてください。
»「コンセプト」ページはこちら

「そこまでやる!」とは?

お客様が仕事をくださったとき、さらなる発展をめざすとき、「それだけでいいのか?」「まだできるのではないか?」とつねに問いかけ、知恵を出し合い、実践することです。
「そこまでやる!」ために、「久保運送」から「クボックス」になりました。私たちが「株式会社 KUBOXT(クボックス)」という名前になったのは2015年。それまでは「株式会社 久保運送」という名前でした。変えた理由は、業務内容が「物流」というカテゴリーには入りきらなくなったから。そして、いっしょに働く社員や仲間一人ひとりが枠にとらわれることなく、自由な発想で働き、新しい仕事を発見してほしいと思ったからです。

クボックス 「そこまでやる」の3要素

「安全」にそこまでやる!

KUBOXTの品質の第一は「安全」であることです。例えば、最も基本的なルールとしていつでも歯止めを置くことを義務づけています。これに限らず、安全におけるすべてのルールを守らないと、逆に「違和感を持つ」(=そこまで思う!)くらいまでの習慣になってもらいたいと思っています。

「あいさつ」にそこまでやる!

たかが「あいさつ」と思うかもしれません。しかし、あいさつひとつでその人の人柄をも表します。KUBOXTはあいさつを「相手を認めること」と考えています。あなたが「大きな声であいさつされる」ことの方がうれしいように、あなたはどんな相手に対しても、いつも相手を思いやった、元気なあいさつをする人になってほしいと思います。

「ありがとう」にそこまでやる!

「ありがとう」と言ってもらうためには、相手が喜んでくれることを行うことです。さらに喜んでもらうためには、そこに相手のことを思いやる気持ちがあることです。私たちKUBOXTは「こういうことをしたらお客様が喜んでくれるのではないか?」「お客様に喜んでもらえることをしよう!」とつねに考えています。
「そこまでやる」の実践が、人の「品」と作業の「質」を高め仲間との仕事全体を感動品質にします!
»「そこまでやった!」からこうなった!数字で見るKUBOXTはこちら